転勤でマンション貸すなら管理を全て任せられる管理会社

一般的な契約の形態には管理委託と転貸借方式の2つがある

マンションを購入したものの会社から命じられ転勤一般的な契約の形態には管理委託と転貸借方式の2つがある利益よりも管理の負担を減らせる契約を選ぶべき

一般的な契約の形態には管理委託と転貸借方式の2つがあり、それぞれで大きな違いがあります。
最初は手数料が安く収益を多く見込める管理委託方式が良いともいますが、気になったのは入居者とトラブルが起きたときです。
管理委託方式だと入居者との間でトラブルが起きたときに、オーナーが自分で対処する必要があると集めた情報には書かれていて、これは少し気になる点でした。
トラブルを起こさない良い人が入居者なら良いですが、実際にはさまざまなトラブルが起こってしまうでしょう。
そのたびに離れた場所から入居者と連絡を取り合い解決しなければいけないとなると、負担はかなりのものです。
私なら仕事を抱えながら、妻なら小さな子どもを育てながら対応しなければいけません。
しかも2人とも不動産の知識が豊富にあるわけではありませんから、スムーズな対応ができないケースもあるでしょう。
そうしたことを考えると、多少手数料が高くても全てお任せできる管理会社を選ぶべきだと夫婦の間で一致しました。
そして最終的に決めた管理会社との契約方式は、リロケーションとも言われる転貸借方式です。
転貸借方式なら入居者がトラブルを起こしたときにも、管理会社が対応してくれます。
家賃の2割ほどを手数料として取られるのは確かに痛いですが、そもそも私たちは儲けるために賃貸経営をするわけではありません。

マンション貸す 管理会社不動産管理会社の探し方