転勤でマンション貸すなら管理を全て任せられる管理会社

利益よりも管理の負担を減らせる契約を選ぶべき

マンションを購入したものの会社から命じられ転勤一般的な契約の形態には管理委託と転貸借方式の2つがある利益よりも管理の負担を減らせる契約を選ぶべき

人が住まない空き家というのはすぐに部屋が傷んでしまい、数年先にはかなりの劣化が進んでいるでしょう。
そうした事態を止めるために、転勤の間だけマンション貸すだけですから利益は度外視です。
管理の負担を抑えつつ部屋をいつでも人が住める状態に維持してもらい、その上でわずかでも利益があれば良いなという考えだったので、手数料の高さはさほど気になりませんでした。
実際に管理会社と転貸借方式の契約を結びマンション貸すと決めてからは、非常にスムーズに進みました。
管理に関することはすべてお任せできたので、私も妻も転勤先での新しい生活にすぐに馴染めましたし、敵的に届く報告を楽しみに待っています。
幸いにも私たちのマンションに入居した方はとても良い方だそうで、トラブルなく部屋を使ってくれていると聞いています。
もうすぐ転勤も終了し無事に元の住まいに戻ることになりますが、入居者との話し合いもついていてスムーズな明け渡しになりそうな点も安心です。
もし転勤などが理由で一時的にマンション貸す事態がやってきたときには、利益よりも管理の負担を減らせる契約を選ぶべきだと思います。